郷土料理

2017年3月 6日 (月)

注!ダイコンの煮合い

6c

平谷村の『煮合い』といえば・・・ダイコンが主役。

冷やして味がしみ込むと旨みが増すので冷蔵庫に入れるでしょ。

開け閉めするたびに、オナラしたって疑われる。

そこまで臭い料理。

それにもかかわらず、法事や正月など人が集まる場所に平気で登場する。

具材を薄く切って炒め、醤油・砂糖・酢・酒などで味付けして煮詰めるだけ。

唐辛子はお好みで。

酒の肴には最高!お弁当には最低です。

6a

天気 曇 朝の最低気温-1度 最高気温4度

道路状況ライブカメラ

【南信州】南信州モバイル【愛知県R153】

| | コメント (0)

2016年8月27日 (土)

平谷イモの煮っころがし

101

北海道のジャガイモは、天候不良で不作だとか。

平谷村は豊作でした。

平谷イモの煮っころがし。

今日の法事で皆さんに食べてもらうため、朝から姑が作っています。

抱えるような大鍋を振るように混ぜるため、とても腕力がいりそうだけど・・・私は味見専門なので手伝いません。

新ジャガの皮は柔らかく、わざと潰したイモがタレとからみ、ネットリとした食感が最高です!

本日は午後2時まで休みます。

臨時休業の酒屋に来ちゃった皆さん、ゴメンなさいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 7日 (火)

今が旬!ほう葉餅

7a
 
姑カッちゃん作、ほう葉餅。
今年も嫁は、食べる専門です。
 
7b
 
できたては、葉っぱに餅が張り付くけど・・・アンコがドロリとしているのがたまりません。
2日後ぐらいになると、ほう葉の香りが染み込んで、それはそれは美味しくなっています。
 
7c
 
梅雨入りしましたね。
どんよりとした曇り空です。
 
数メートルの大木に成長するホウの木。
地上から葉っぱが採りやすいように、木の頭を切り、横に伸びるようにしてある家庭が多いです。
 
平谷の発音は「ほう葉」「ほー葉」ですが、正式には「ほお葉」だそうです。
葉の柔らかさがちょうど良い6月に作られる季節のお菓子です。
 
ほう葉餅の作り方は>>>コチラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月12日 (金)

ホウノキの花が咲く頃にホウ葉餅作り

12c
ほう葉餅のシーズンになりました。

作り方は>>>コチラflag

12b

ホウノキの葉っぱだから・・・ホウ葉。

この時期は、香りが高く柔らかくて包みやすいのです。

12a

ホウノキの大木に、真っ白い花が咲いています。

庭先の若木で花をつけているのは見たことがないので、大木に秘密があるんでしょうね。

小さく見えるけど、花の直径は15センチくらいあるんですよ~。

この花って、メスとして1日咲き、2日はオスとして主張するらしいです。

なんでも、自家受粉や近親交配を避けるためだとか。

人生いろいろ。

木々もいろいろですね。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

明日6月13日(土曜日)

まつのや長男、中学最後の柔道の大会へ、こっそり応援に行ってきます。

午前中は休み、酒屋開店は昼の12時になります。

よろしくお願いします。

| | コメント (2)

2014年2月11日 (火)

シミダイコン最盛期

11a

大根を茹でてから乾燥させる『凍み大根』

朝の冷え込み、そして日中は晴れが続く今の時期、ダイコンが良い感じに乾いてきましたよ~

写真を撮らせてもらった佐々木家の軒先。

ちゃっかり、凍み大根をお土産にもらって来ました。

今夜は、豚肉と煮て食べるかな~

11b

こちらは自宅近くの脇坂家。

特製の棒に刺し、干してありました~

11c

天気 晴れ 朝の最低気温-10度 最高気温2度

道路状況ライブカメラ>>> 【PC】 【モバイル】

| | コメント (2)

2014年1月13日 (月)

麹で作る発酵食品【しょいのみ】

13a

平谷村の郷土料理。

漬物と麹を混ぜ込んだ発酵食品。

作り方は>>>こちらflag

毎年、微妙に具が変わり・・・新しい仲間は大豆 newshine

13b

ナス・キュウリ ・ミョウガ・・・塩漬けしたものを刻む。

キクイモは変色するので味噌漬けのもの。

ニンジン・ショウガ・ヤマゴボウは生。

大豆は水煮。

この材料を、醗酵させた麹と混ぜ、味を付けて完成。

と、自分で作ったかの文章だけど・・・

やっぱり今回も手伝えなかった2014年しょいのみ作り。

姑かっちゃんの味、最高に美味しいで~す wink

13c

天気 晴れ 朝の最低気温-5度 最高気温0度

うっすら雪が積もりました!

道路状況ライブカメラ>>> 【PC】 【モバイル】

| | コメント (8)

2013年7月18日 (木)

嫁姑でホウ葉餅作り

18b

食べる専門ってのは心苦しく思うこともあるので・・・

ホウ葉餅作りを手伝いました。

18a

こねる→アンコを入れる→巻く→蒸す

ベテラン姑カッちゃんの仕事は早~~い think

採ったばかりの葉なので、特に香りが高いです。

食べごろは2~3日先。

嫁が巻いたのは形は悪いけど、味は最高で~すwink

| | コメント (4)

2013年7月 5日 (金)

季節を感じる郷土のお菓子【ほう葉餅】

5a

雨にぬれる我が家のホウ葉の木。

お餅に包まれると知らずに、ズンズン大きくなっています。

5b

今年はワラがなかったので、ビニールヒモで固定(←姑・カッちゃんが)

この時期とてもアクセスの多い記事>>>まつのやのつま【ほう葉もち】の作り方flag

今年も食べる専門の鬼嫁です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年12月11日 (火)

凍み大根作りが始まりました!

11b_2 

姑カッちゃんが大量の大根を茹でました。

中央にワラを通して吊るします。

凍る→溶ける→凍る→溶けるを繰り返して乾燥させ、凍み大根が完成します。

11c

こちらは、嫁が吊るしている干柿になる予定の柿。

期待の粉もふかず放置状態 coldsweats01

ひょっとして・・・新製品『凍み柿』になったりして!!

11a

天気 晴れ 朝の最低気温-9度 最高気温1度

R153ライブカメラ 【PC】 【モバイル】

| | コメント (2)

2012年6月14日 (木)

ほう葉餅

14a 14b

たっぷりの砂糖と少々の塩を加えた米の粉を、熱湯を注ぎながら練りこみます。

今年は更にこの状態で、蒸し器にかけました。

中にアンコをいれま~す。

14c 14d

くるくるっと、葉っぱに包みます。

均等の大きさにするのがベテランの腕 wink

言うまでもなく・・・姑かっチャンの仕事です。

14e 14f

20分ほど蒸して出来上がり。

出来たては、お餅が歯にくっつくくらい柔らかくて美味しい。

そして翌日には、ほう葉の香りがお餅にしみこんで、これまた美味しいです。

飯田の高校へ持って行った長女 virgo

「かしわ餅だよ~」って友達にあげたんだって。

あなたは何年平谷村で暮らしているのですか pout

ほう葉だからねっ sign03

| | コメント (8)

より以前の記事一覧