« 疫病神を隣村へ追い払う『送り神』行事 | トップページ | 辛口純米原酒 信濃錦・天墜 »

2014年8月21日 (木)

中馬撮影の謎!見つかった西川繁次郎先生の手紙

21
伊那街道の中馬の歴史を知る、貴重な映像が平谷村で撮影されています。

3年前に、初めてその映像を見た時の記事→ブログ・秘蔵映像80年前の平谷村【中馬の記録】

なぜ、財界人である渋沢敬三さんが、平谷村を撮影することになったのかが謎でありました。

このたび、それを解き明かす手紙が見つかったのです。

飯田美術博物館の学芸員さんが、解説してくれました。

その手紙を出したのは、当時平谷小学校に勤務していた西川繁次郎先生、やっぱり長く先生を務めた一男先生(故人)のお父様にあたる方です。

手紙は、渋沢敬三さんと懇意だった早川孝太郎さん宛でした。

馬が荷物を運ぶ中馬の仕事は明治の始めまでで、その後は運送馬車の出現や、鉄道ができたので衰退しました。

動画撮影日は、昭和6年9月10日。

まだ道具が揃っているこの時に記録を残そうと、再現されたものでした。

馬は4頭 horsehorsehorsehorse

最初の1頭を馬方と呼ばれる人が引いて歩くと、後の3頭がついて来たそうです。

1頭ごとに4つの俵を積みました。

信州からは、タバコ・紙・柿などを運び出し・・・

南から、魚・塩・木綿などが入ってきたそうです。

再現された中馬の様子を見て、懐かしむ村人の様子も手紙から知ることができました。

実は、この中馬行列の実演撮影が行われたひと月前に、飯田の郷土史家が、やっぱり中馬の写真撮影に来ていたのです。

それがあったからこそ、西川先生が手紙を書く事になったのでしょう。

いろんな人の結び付きで、映像という宝物ができたのですね。

西川繁次郎先生、平谷村の歴史で語り継ぎたい方の1人であります。

|

« 疫病神を隣村へ追い払う『送り神』行事 | トップページ | 辛口純米原酒 信濃錦・天墜 »

平谷の村人紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 疫病神を隣村へ追い払う『送り神』行事 | トップページ | 辛口純米原酒 信濃錦・天墜 »