« 平谷村大運動会2011年 | トップページ | 塩尻桔梗ヶ原のコンコードでカンパイ! »

2011年10月 2日 (日)

日本酒の日こそ山廃仕込み!【真澄】純米吟醸2011

2_3

運動会も終わり・・・ホッとひと息つく晩酌 

日本酒の日であった10月1日。

真澄・純米吟醸山廃造りをぬる燗で 

山廃仕込み・・・正式には『山卸し廃止酛(もと)仕込み』

現在は、人口の乳酸をくわえて、早く完成するシステムになっている日本酒。

昔は、自然の乳酸菌を増やし、ゆっくり発酵させていったので、濃く深い、蔵によっ特徴ある仕上がりになっていました。

しかし、倍の期間がかかり、人の手間はそれ以上。

厳寒の時期に、米麹と蒸した米を山のように積んで崩しながらすり合わせる厳しい作業が『山卸し』・・・それが違うやり方に変わり廃止されたので『山廃仕込み』と呼ばれています。

『山卸し』が『山廃』になったものの、仕込み期間が長いのは同じで、タンクを占領されるし(コレは想像)、スッキリ系のお酒が好まれる現代(コレは現実)・・・あんまり売れなくて困った酒蔵は『山廃の味』を守れなくて止めちゃったトコロが多いんだろうな 

昔からの味がなくなるのは寂しい 

ぬる燗にした時に現れる『優しさ』が大好きな私 

そりゃ~ウチの真澄ちゃんを買ってもらいたいトコロだけど、皆さんの地元に『山廃仕込みの純米酒』があるのなら、ぜひともぬる燗にトライしてもらいたいです。

先人を思いながらの晩酌も奥深いですよ 

| |

« 平谷村大運動会2011年 | トップページ | 塩尻桔梗ヶ原のコンコードでカンパイ! »

【おすすめのお酒】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 平谷村大運動会2011年 | トップページ | 塩尻桔梗ヶ原のコンコードでカンパイ! »