« 米焼酎なんちゃらホイ | トップページ | 第9回エスティマハイブリットオフ会 »

2009年9月19日 (土)

さよならさよならまたあした

919a

飯田養護学校の玄関ホールにある壁画の一部。

夕暮れ時のキツネと子供達。

「また明日も遊ぼうね!」

大きく手を振って約束しています paper

発達障がい、自閉症、脳疾患・・・

いろんな障がいを持った子供達。

「明日も元気に楽しく学校へ行きたい!」

そんな気持ちを育て、支えあっている学校です。

【障害】の【害(がい)】の漢字。

意味・・・そこなう、邪魔をする、災い、悪くする など。

悪いイメージのかたまりですね。

それなので【がい】と、ひらがなで表現しているそうです。

【アラフォー】や【アラ還】など次々と新語が生まれているのに、肝心な呼び名が変わらないのは、自分と関係ないって思うからかな despair

919b

たくさんの車椅子が並ぶ壁にある、子供達が書いた巨大な絵に迎えられ・・・

この日は、養護学校を会場に、PTAの会議があり、飯田下伊那地区の学校代表が集まりました。

先生手作りの滑り台で遊ぶ小学生。

唯一、自分の意思で動かす事ができる左足でミシンのスイッチを踏む中学生。

木工、陶芸、手芸などの作業をする高校生。

みんな笑顔で、この学校が大好きの様子 heart04

この子達がいつも笑顔でいられるような社会は来るのかな??

私に何ができるのかな??

平谷の子供達の幸せしか考えた事が無い私には、大きな宿題になりました think

|

« 米焼酎なんちゃらホイ | トップページ | 第9回エスティマハイブリットオフ会 »

自分の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 米焼酎なんちゃらホイ | トップページ | 第9回エスティマハイブリットオフ会 »