« 珍珍幕府・夏の陣2009 | トップページ | 第29回納涼煙火大会 »

2009年8月13日 (木)

精霊を迎える日

今夜は、仏様となった精霊が家に帰ってくる日です。

813a

ススキで「青畳」と呼ばれる、敷物を作ります。

813b

位牌を仏壇から出し、精霊棚に飾ります。

果物や花を飾って完成 shine

暗くなったら・・・

白樺の木で、かがり火を焚いてお迎えします。

|

« 珍珍幕府・夏の陣2009 | トップページ | 第29回納涼煙火大会 »

まつのや家族」カテゴリの記事

コメント

私の田舎(といっても岐阜ですが)では、精霊を御精霊様(おしょれいさま)といって迎え火を焚いてお迎えします。
だけど、おじいさんもおばあさんも父が独身の時に亡くなっているので、お盆で御精霊様をお迎えするのが、今一つ実感がありませんが。

投稿: 藤垣 | 2009年8月14日 (金) 03:03

おはようございます

我家は9日に実家で施餓鬼を済ませた。
昨日は兄嫁の実家も初盆でしたから行ってきた
今日 我家の・・・お寺で施餓鬼を行います。
今年は忙しい盆休み。

投稿: 直人 | 2009年8月14日 (金) 08:09

clover 藤垣さん。
平谷でも「おしょろ様」って言うわ~

私も嫁いでから葬式ないから、仏様達に面識ないので、拝みかたに気持ちが入りません。
葬式あったら困るよね~

投稿: まつのや | 2009年8月14日 (金) 12:49

clover 直人さん。
実家のある飯田地方では「お施餓鬼」といいますが・・・平谷では言いませんね~
お盆の行事って郷土色がつよくて面白いですね。

投稿: まつのや | 2009年8月14日 (金) 13:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 珍珍幕府・夏の陣2009 | トップページ | 第29回納涼煙火大会 »